2019年7月23日(火)

メジャーリポート

フォローする

データが結ぶ菊池とバウアー 球団の垣根越え交流
スポーツライター 丹羽政善

(2/2ページ)
2019/5/27 6:30
保存
共有
印刷
その他

バウアーはデータとハイスピードカメラを駆使して、新球の取得や球種の改良に取り組むことで知られる。例えば2年前のオフは、14年にサイ・ヤング賞をとった同僚のコーリー・クルーバーのスライダーをコピーしようと考えた。

それはしかし、クルーバーのスライダーの回転数、縦横の変化量、回転軸のデータに自分の数値を近づけていくという気の遠くなるような作業。一球一球、データを計測しながら比較し、同時に真後ろから1秒間で最大1万8000フレームの撮影が可能な高速度カメラ(通常は3000フレームのモードで撮影しているそう)でリリース時の手首の角度、ボールが回転する様子を撮影する。最適なフォームが見つかると、後はひたすらその運動が自動化するまで投げた。

「あのときは5000球以上投げた。8000球近かったかもしれない」(バウアー)

互いにボールを手にしながら、データを利用したアプローチなどについて話し合う菊池(左)とバウアー

互いにボールを手にしながら、データを利用したアプローチなどについて話し合う菊池(左)とバウアー

菊池もそれを耳にしたことがあったのでより詳しく聞きたかったようだが、話はチェンジアップの回転軸、スライダーを投げるときの手首の角度のほか、回転軸と変化量の相関性に移る。さらにはパフォーマンスを最大限に高めるための行動分析、例えば睡眠時間の管理、カロリーの摂取量にまで及んだが、それを聞く菊池の表情は真剣そのものだった。

おそらく日本では、チームを越えたところで、選手同士が持っている技術を教え合うということはあまりない。自主トレーニングでは他球団の選手と合同で行うこともあるので、そういう機会もあるかもしれないが、シーズン中にというのは見られない光景ではないか。大リーグでも決してそういう機会が多いわけではない。また、敵にプラスになることを教えるべきではない、という考え方もないわけではないが、バウアーは意に介さない。彼が考えているのは、球界全体の発展なのだ。

「互いが教え合いながら切磋琢磨(せっさたくま)すれば、ファンはより高いレベルの戦いを楽しめる。そうすれば野球はもっと魅力的なものになるはずだ」

「何でも答えてくれる」と刺激受け

そもそも彼は動画などで、データを使った自らの取り組みを一般に公開している。そんなデータを重視したアプローチについて彼は、「俺は単にオタクだから」と笑うが、「今までこうじゃないかと漠然と経験値などで語られていたことが、データで証明されるようになった。であれば、それを利用しない手はない」と語り、続けた。

「例えば、リリース時にどの指にどんな力を加えると、どのくらい回転軸が変わって、どうボールの動きが変わるのか。突き詰めていくと、面白くないか? こっちが好奇心をそそられることは、ファンもきっと知りたいことだと思うんだ。昔、動画を作って公開したときには、『何をやってるんだ?』と変わり者扱いされたけど、データが普及してからは、多くの人が興味を持ってくれるようになった」

バウアーは話し始めると、止まらなくなる。昨年も今年の春も、NHKの番組で彼にインタビューをしたが、10~15分の予定が50分に達した。

「同じ年(1991年)の生まれなんですよ」という菊池は「でも、すごい。聞いたら何でも答えてくれる」と目を輝かせた。

それは、その差を思い知らされ圧倒されたというより、面白いやつと知り合えたという刺激が勝っているように映った。

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

メジャーリポートをMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

大リーグのコラム

電子版トップスポーツトップ

メジャーリポート 一覧

フォローする
田中は1回無失点と好投し、オールスターゲームで日本投手として初めて勝ち星をあげた=ロイターUSA TODAY Sports

 「後半戦に向けてもいい弾みにしたいですし、バトルし続けますよ、自分の(投球の)課題に対しては」
 7月8日、クリーブランドで行われた米大リーグのオールスター前日会見の場で、ヤンキースの田中将大はそう述 …続き (7/16)

互いにボールを手にしながら、データを利用したアプローチなどについて話し合う菊池(左)とバウアー

 ほぼ約束の時間に姿を見せた菊池雄星(マリナーズ)は、真新しいボールを2つ、手にしていた。
 「サイン用?」とジョークを飛ばすと、「違います。教えてもらう用です」と言って、無邪気な笑みを返した。
 ややあ …続き (5/27)

3月28日のマリナーズ戦に先発したセール(中央)は3回7失点で降板。その後も勝てない投球が続いている=AP AP

 昨季世界一に輝いたレッドソックスが今季はどん底のスタートを切っている。4月16~17日に宿敵ヤンキースに連敗を喫し、19日のゲームを終えた時点で7勝13敗でア・リーグ東地区の最下位。首位を走るレイズ …続き (4/22)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。