/

貨物船衝突で4人不明 1隻沈没、千葉・銚子沖

(更新)

26日午前2時10分ごろ、千葉県銚子市犬吠埼の南約11.5キロ沖で、広島県呉市の貨物船すみほう丸(499トン)と愛媛県今治市の貨物船千勝丸(499トン)が衝突した。千勝丸が沈没し、男性乗組員4人が行方不明となった。

第3管区海上保安本部(横浜)によると、千勝丸は鋼材約1300トンを積載し茨城県の鹿島港から大阪に向けて航行していた。

5人が乗っており、藤田拓船長(60)=高知県=は救助されたが、上村一文1等航海士(60)=鹿児島県指宿市、矢野彰2等航海士(72)=静岡市、瀬野博機関長(69)=秋田市、馬越才五1等機関士(67)=今治市=の4人が行方不明。すみほう丸の乗組員4人は全員無事という。

千勝丸を所有する今治市の勝丸海運は、事故の連絡を受けた社長が同日未明、千葉県に向かった。社長の妻は「4人とも無事で見つかってほしい」と話した。

千勝丸から無線で通報があり、第2管区海上保安本部(塩釜)が傍受した。両本部が巡視船などで不明者を捜索している。運輸安全委員会は同日、船舶事故調査官を派遣すると明らかにした。事故当時、現場は晴れていたが、霧が出て視界不良だったという。現場付近には油が流出している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン