/

首相、トランプ氏と5回目ゴルフ 青木功プロも同伴

(更新)

安倍晋三首相とトランプ米大統領は26日、千葉県茂原市の「茂原カントリー倶楽部」で通算5回目のゴルフをした。前回は4月下旬にワシントン郊外でプレーしており、2カ月連続となる。首相は出発前、首相官邸で「新しい令和の時代も日米同盟をさらに揺るぎないものとしていきたい」と語った。

ゴルフ場で安倍首相の出迎えを受け、手を振るトランプ氏

両首脳は都内からそれぞれ別のヘリコプターでゴルフ場に到着した。首相は大統領専用ヘリ「マリーンワン」から降りるトランプ氏を出迎え、握手を交わした。首相が運転するカートでクラブハウスへ向かい、青木功プロを交えて朝食を共にした。政府関係者によるとメニューはパンとベーコンエッグだった。

ヘリの発着用にコースの一部を閉鎖したため、計16ホールを回った。プレー後には昼食も共にした。メニューは米国産の牛肉を使ったダブルチーズバーガーだった。

青木氏は両首脳と共にコースを回った。青木氏はトランプ氏が2017年11月に来日した際の夕食会に招かれた。その席でトランプ氏が「青木氏は偉大なパットの名人だ」とたたえた経緯があり、今回のラウンドが実現した。

首相は写真共有アプリのインスタグラムなどSNS(交流サイト)で、トランプ氏と共に笑顔で写ったツーショット写真を公開した。首相は紺地に白い横ストライプのシャツと白いキャップを、トランプ氏は白いシャツと「USA」の文字が入った赤い帽子を着用した。

ゴルフの後には昭恵、メラニア両夫人と共に都内の両国国技館で大相撲夏場所千秋楽を観戦する。現職の米大統領による観戦は初めて。トランプ氏が土俵に上がり優勝力士に米政府特注の杯を贈呈する。観戦後は都内の炉端焼き店で両夫妻そろって夕食をとる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

トランプ氏来日、日米蜜月の成果と不安

5月28日

安倍晋三首相は27日、東京・元赤坂の迎賓館でトランプ米大統領と会談し、日米貿易交渉で早期に成果を出すため...

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン