2019年9月15日(日)

韓国のポン・ジュノ監督が最高賞 カンヌ国際映画祭閉幕

2019/5/26 7:45
保存
共有
印刷
その他

【カンヌ=近藤佳宜】第72回カンヌ国際映画祭は25日夜、最高賞のパルムドールにポン・ジュノ監督「パラサイト」を選び、閉幕した。韓国人監督がパルムドールを受賞するのは初めて。昨年の是枝裕和監督「万引き家族」に続き、2年連続でアジア勢が栄冠を手にした。

「パラサイト」の一場面。ソン・ガンホ(左から2人目)が4人家族の父親役を演じる。
(C)2019 CJ ENM Corporation, Barunson E&A

「パラサイト」の一場面。ソン・ガンホ(左から2人目)が4人家族の父親役を演じる。
(C)2019 CJ ENM Corporation, Barunson E&A

同作は、全員失業中の一家の長男が、家族の期待を一身に背負い、IT企業を経営する裕福な一家の元へ家庭教師の面接を受けるところから始める悲喜劇。

他の主な受賞結果は以下の通り(敬称略)。

グランプリ=マティ・ディオップ監督「アトランティック」。監督賞=ダルデンヌ兄弟(「ヤング・アフメド」)。男優賞=アントニオ・バンデラス(「ペイン・アンド・グローリー」)。女優賞=エミリー・ビーチャム(「リトル・ジョー」)。審査員賞=「レ・ミゼラブル」(ラジ・リ監督)、「バクラウ」(クレベール・メンドンサ・フィロ、ジュリアノ・ドルネルス監督)、脚本賞=セリーヌ・シアマ「炎の貴婦人の肖像」、特別表彰=エリア・スレイマン「天国に違いない」

エリア・スレイマン監督自身が登場する「天国に違いない」の一場面。
(C)Carole Bethuel

エリア・スレイマン監督自身が登場する「天国に違いない」の一場面。
(C)Carole Bethuel

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。