2019年6月20日(木)

プラ代替品、企業の4割が着手 本社調査

環境エネ・素材
2019/5/26 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

プラスチック使用削減の世界的な流れを受け、日本企業が対応を迫られている。日本経済新聞社の調査では65%が削減などの対応を実施・検討中と回答。プラ素材やこれを使った商品を作る主要企業の38%が代替製品の試作などに着手した。欧州の規制や、環境への配慮を重視する投資の機運に背中を押された格好だ。現状のプラ代替の材料コストは割高で、日本の素材産業は一段の研究開発力の強化が求められる。

第22回環境経営度…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報