2019年6月19日(水)

プロ野球

ジョンソンが投打に活躍 広島11連勝

2019/5/25 21:08
保存
共有
印刷
その他

広島の連勝街道が始まったのはジョンソンが白星を挙げた11日のDeNA戦から。そこから先発ローテーションはぐるりぐるりと2回転。三たび先発マウンドに上がったジョンソンが八回途中を4失点にまとめ、チームの連勝を3年ぶりとなる11に伸ばした。

【25日のプロ野球 結果と戦評】

8回途中4失点で4勝目を挙げた広島・ジョンソン=共同

8回途中4失点で4勝目を挙げた広島・ジョンソン=共同

「投球モーションやタイミングを微調整して、体のコンディションも良くなっている」とジョンソン。八回こそボールが浮いたところを巨人打線に捉えられたが、七回までは球数も少なくほぼ完璧な内容だった。

四回1死一、三塁の好機で巡ってきた打席では球場がどよめくバスターを披露。打球は前進守備の二遊間を抜けて中前に転がり、自らを助ける貴重な追加点となった。

来日5年目の長身左腕はこれが日本での50勝目。「ここまで長く日本で続けられると思っていなかった。チームメートに感謝したい」と殊勝に語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

八回、代打・陽岱鋼が右越えに勝ち越し二塁打を放つ=共同

 八回1死二塁。代打に送り出された巨人・陽岱鋼に迷いはなかった。「初球から打ちに行こう。振らないと受け身になってしまう」。決意はしていても、実際にバットを振れる打者は決して多くないが、そこは勝負師。
…続き (0:25)

3回西武1死、山川が左中間に本塁打を放つ(18日、ナゴヤドーム)=共同

【ロッテ6―2広島】ロッテは2―2の延長十一回1死三塁で代打清田が左前に勝ち越し打を放つと、鈴木や代打高浜も二塁打で続いて突き放した。救援陣が無失点でつなぎ、5番手の田中が4勝目を挙げた。広島は逃げ切 …続き (18日 22:54更新)

4回中日2死一塁、藤井が右翼線に適時2塁打を放つ(17日、ZOZOマリン)=共同

【中日5―4ロッテ】中日は0―2の四回に大島、ビシエドの連続適時打と藤井の二塁打などで4点を奪った。ロメロは11奪三振の7回4失点で4勝目。R・マルティネスが2セーブ目。ロッテは初登板の中村稔が崩れ、 …続き (17日 21:48)

ハイライト・スポーツ

[PR]