/

この記事は会員限定です

国内M&A、件数過去最大に

4月309件、再編・事業承継の受け皿に

[有料会員限定]

日本企業同士のM&A(合併・買収)が増加している。M&A助言のレコフ(東京・千代田)によると、4月は309件と前年同月に比べて23%増え、単月ベースではデータをさかのぼれる1985年以降で過去最大となった。非中核事業を切り離す再編型や、中小企業による事業承継型のM&Aが活発になっているためだ。これまで海外企業の買収が中心だった日本企業だが、より多彩なM&A戦略を駆使するようになってきた。

オムロンは4月、自...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り758文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン