2019年9月21日(土)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

平幕の朝乃山が初優勝 大相撲夏場所

2019/5/25 18:05
保存
共有
印刷
その他

大相撲夏場所14日目が25日、東京・両国国技館で行われ、平幕朝乃山が大関豪栄道を寄り切りで破って12勝2敗とし、初優勝を決めた。1差で追っていた横綱鶴竜が結びの一番で関脇栃ノ心に敗れて10勝4敗となり、千秋楽を待たずに朝乃山の初優勝が決まった。

豪栄道(左)を寄り切りで破った朝乃山(25日、東京・両国国技館)=共同

豪栄道(左)を寄り切りで破った朝乃山(25日、東京・両国国技館)=共同

平幕優勝は2018年初場所の栃ノ心以来で、三役経験のない力士に限ると1961年夏場所の佐田の山(後の横綱)以来58年ぶりで史上9人目。初土俵から所要20場所での初優勝は、年6場所制が定着した58年以降では史上3位のスピード記録となった。

朝乃山は先に豪栄道に上手を許したが、じっくりと攻めて完勝した。打ち出し後のテレビのインタビューでは「優勝の実感はまだない。すごくプレッシャーがあったけど、平常心で(相撲を)取れたのが良かった」と語った。

初優勝を決め、タイを手に笑顔の朝乃山。右隣は高砂親方(25日午後、東京都墨田区の高砂部屋)=共同

初優勝を決め、タイを手に笑顔の朝乃山。右隣は高砂親方(25日午後、東京都墨田区の高砂部屋)=共同

横綱鶴竜をはたき込みで破った栃ノ心は10勝目をあげ、大関復帰が確定した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

豪栄道(右)は上手投げで貴景勝を下す=時事

 前日に大関復帰を決めた貴景勝と、かど番を脱した豪栄道。看板力士の地位を巡る戦いにケリをつけたばかりの両者の激突は、わずか2秒ほどであっけなく決着した。
【貴景勝3敗目 2敗消える 秋場所13日目】

 「 …続き (20日 23:22)

豪栄道(左)が上手投げで貴景勝を破る(20日、両国国技館)=共同

 大相撲秋場所13日目(20日・両国国技館)ただ一人2敗だった関脇貴景勝は大関豪栄道に上手投げで敗れ、3敗目を喫した。豪栄道は9勝4敗。かど番の大関栃ノ心は平幕竜電を寄り切って6勝7敗とした。
 関脇御 …続き (20日 19:35)

(西) (東)
若景X―X石浦
東龍0―0松鳳
豊山0―4阿武
炎鵬1―1栃煌
貴源0―0照強
琴勇0―0剣翔
琴恵1―2輝 
佐海1―0志摩
翔鵬1―0千大
正代2―2錦木
明生0―2大栄
朝山1―1友風
玉鷲5―3北富
碧山 …続き (20日 18:17)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。