トランプ氏、日米貿易「数カ月内に大きな発表を」
経済人との会合で強調 日本に到着

2019/5/25 17:03 (2019/5/26 2:37更新)
保存
共有
印刷
その他
 令和初の国賓となるトランプ米大統領は25日夕、メラニア夫人と共に大統領専用機で羽田空港に到着した。大統領としての来日は2017年11月に続いて2回目。27日に天皇、皇后両陛下との会見を予定する。到着後、米大使公邸で日本の経済人約30人らと会合した。冒頭で日米の貿易不均衡に言及し「これから数カ月でとても大きないくつかの発表ができることを望んでいる」と述べた。
孫氏、トランプ氏に歩み寄る

トランプ氏は「日米は双方に資する2国間貿易協定の交渉に懸命に取り組んでいる」と強調した。経済人らに米国への投資も呼びかけた。

米大使館によると、出席した日本側の経済人は、トヨタ自動車の豊田章男社長、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長、日立製作所の東原敏昭社長ら。日米貿易交渉で焦点になっている自動車業界からは、豊田社長のほか日産自動車の西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)ら計5社の首脳が参加した。トランプ氏のスピーチの直後、孫氏が笑顔でかけよった。その後、トランプ氏は豊田氏らとも談笑した。

トランプ氏の滞在は28日まで。安倍晋三首相はゴルフや相撲観戦など異例の厚遇でもてなし、27日の首脳会談に臨む。

その後、北朝鮮による拉致被害者家族と面会する。天皇陛下との晩さん会も予定する。28日には横須賀基地(神奈川県横須賀市)で日米同盟の重要性を強調する演説を予定している。

27日の首脳会談では日米の貿易交渉や北朝鮮をめぐる対応について協議する。

首相は北朝鮮による日本人拉致問題の解決に向け、日朝首脳会談の開催への支援を改めて求める見通しだ。金正恩(キム・ジョンウン)委員長と条件をつけずに会談したい意向をトランプ氏に伝えるとみられる。トランプ氏が日朝首脳会談にどう言及するか焦点となる。

緊張が高まるイラン情勢も議題になる見通しだ。首相は6月中旬にもイランを訪問しロウハニ大統領と会談する検討を始めた。対立が激しくなっているイランと米国との緊張緩和に向けた仲介をめざすとみられる。トランプ氏の出方を踏まえて最終判断する。

両首脳は「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた連携も確認する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]