/

「かぶる傘」で暑さ対策 東京都、五輪やテスト大会で

関係者活用へ試作 光や熱を遮る素材で

2020年東京五輪・パラリンピックでの暑さ対策が急がれる中、東京都は日よけ用の「かぶる傘」を製作して24日、その試作品を公表した。同日の記者会見で小池百合子知事は「暑さ対策は非常に大きな課題。夏のテスト大会などでも使っていただきたい」とアピールした。6月をメドに完成をめざす。

暑さ対策として今夏の五輪のテストイベントなどで活用する

直径は約60センチ。光や熱を遮る素材を使っており、内側のベルトで頭に固定して帽子のようにかぶるタイプとなっている。両手が空くため作業しやすく、今夏のテスト大会や20年東京大会本番で、関係者が活用する場面を想定している。現時点で一般販売の予定はない。

都や23区はこれまで、暑さ対策として道路に温度上昇を抑える舗装を施したり、人通りの多い施設や道路にミスト装置を設置したりしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン