/

この記事は会員限定です

伊勢エビ密漁、遊び感覚で横行 SNSに釣り場情報

一般人摘発、罪の意識薄く

[有料会員限定]

高級食材、伊勢エビの密漁が後を絶たない。釣りやすい岩場や手口をインターネットで知り、「遊び感覚で密漁を重ねる釣り人も多い」(捜査関係者)。養殖が実用化されていないこともあり、漁業関係者らは資源の確保に影響しかねないと懸念する。産卵期の5月は多くの地域が禁漁期間に入るため、海上保安庁などは警戒を強めている。

「いつか、本当に伊勢エビが捕れなくなるかもしれない」。静岡県御前崎市の漁師の男性(71)が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン