/

この記事は会員限定です

マクロン・ルペン氏、因縁の戦い 26日に仏で欧州議会選

(更新) [有料会員限定]

【パリ=白石透冴】欧州各国で始まった欧州議会選挙(定数751)が、フランスでは26日に投開票される。マクロン大統領の与党「共和国前進」と、ルペン党首の極右、国民連合が激しく第1党を争っており、発足2年が過ぎたマクロン政権の是非を問う信任投票の様相を呈している。2人は2017年大統領選の決選投票でも顔を合わせた因縁の間柄で、批判合戦が熱を帯びている。

「マクロン氏が敗北したら辞任すべきだ」。ルペン氏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り867文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン