/

この記事は会員限定です

ファーウェイ向け、シンガポール受託大手が一時停止

(更新) [有料会員限定]

【広州=比奈田悠佑】シンガポールの受託製造サービス(EMS)大手フレックスが中国の主力工場で、中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)向け製品の生産を一部止めたことが24日分かった。フレックスによると、ファーウェイへの米国の制裁措置を受けた対応という。フレックスの広報担当者は25日、ファーウェイ向けについて「大部分の出荷を再開した」と声明で述べた。

中国南部の広東省珠海市にあるフレックスの主力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り602文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン