2019年6月16日(日)

6/16 16:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 投信手数料、一段と低下 個人の長期資産形成に追い風[有料会員限定]
  2. 2位: 中国「持久戦」銘柄が上昇 対米摩擦の奥の手透ける[有料会員限定]
  3. 3位: 日本企業の社債発行額、最高3.7兆円 4~6月見込み[有料会員限定]
  4. 4位: 消える知日派ファンド 先物決済日も閑散、関心低下[有料会員限定]
  5. 5位: 社債、マイナス利回り 再び シングルAでも売買成立[有料会員限定]

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
6月14日 150.388 +0.122

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

6月14日(金)14:20

川内原発1号機が来年3月停止へ テロ対策施設遅れ[映像あり]

海運企業 タンカー襲撃受け中東の輸送体制見直し

6月14日(金)13:00

[PR]

商品ニュース

米中摩擦に市場身構え 投資マネーは「安全資産」へ

2019/5/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米中間の貿易戦争が一段と激しくなるなか、世界の市場で警戒ムードが強まっている。株式や商品などのリスク資産は総じて売られ、中国経済に先行するとされる銅相場は下げが特に目立つ。その一方で、安全資産とされる先進国の国債には買いが集まり、米国では「不況の前兆」とされる金利の「長短逆転」現象が再び生じた。米中首脳の言動を巡って、世界の金融・商品市場は当面、神経質な動きを余儀なくされる可能性が高い。

日経平…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム