中国政府、新車販売テコ入れ ナンバー発給緩和を検討

2019/5/25 0:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=多部田俊輔】中国政府が新車販売のテコ入れに乗り出す。農村での販売補助制度導入や中古車輸出の解禁に加え、北京市や上海市などのナンバープレート発給制限を緩和する方向で検討に入った。1~4月の新車販売台数は1割減と落ち込みが続いている。国内総生産(GDP)の約1割を担う車産業を支援して景気を刺激し、米国との摩擦の長期化にも備える。

工業情報化省の関係者によると、大都市で深刻な渋滞緩和と大気汚染…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]