2019年6月17日(月)

対立から一転合意、福岡市・県 双方が宿泊税

九州・沖縄
2019/5/24 22:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「東京五輪を来年に控え、準備や周知期間を考えると時間がなく、最終的に合意した」。福岡県と福岡市の双方が宿泊税を実施することで合意した24日のトップ会談後、福岡県の小川洋知事はこう語った。宿泊税を巡って対立を続けてきた福岡市と急きょ合意に至ったのは、観光客増加が見込まれる五輪までに導入するには、時間がなくなっていたことが背景にある。

宿泊税を巡る県と市の事務レベルの協議は昨年11月に始まったが、ど…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報