西武信金に改善命令、不適切取引で トップ引責辞任

2019/5/24 20:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金融庁は24日、反社会的勢力と疑われる相手への融資など不適切な取引があったとして、信用金庫大手の西武信用金庫(東京・中野)に対し信用金庫法に基づく業務改善命令を出した。投資用不動産融資で改ざんされた書類をもとに融資していた事例も多数見つかった。同金庫は近年大きく貸し出しを増やし、急激な業容拡大の裏で融資審査や内部統制に緩みが出ていたとみられる。

金融庁は融資審査などリスク管理の強化や、反社勢力の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]