/

この記事は会員限定です

実験の場「横浜へぜひ」 市、誘致・支援に注力

研究者のまち 横浜

[有料会員限定]

横浜への研究者・機関の集積には横浜市も大きな役割を担っている。ライフサイエンス産業の成長性にいち早く着目し、技術系の中小企業から理化学研究所のような大きな研究機関まで多方面で誘致してきた。有望な研究開発には助成金を支給し、実証実験の場を仲介するなど、側面支援にも力を入れる。イノベーションを生み出す街としての土壌を整備する。

脈拍や脳波など様々な生体情報の測定を得意とする技術系ベンチャーのTAOS研...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1046文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン