仙台市、若者にラブコール 東京圏へ人口流出 全国最多
東奔北走

2019/5/24 20:17
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

仙台市が若者の地元定着に力を入れている。全国の自治体の中で東京圏への人口流出は2017年に最多となり、今年3月策定した経済政策には「若者の地元定着促進」を明記した。就職の段階で仙台を離れてしまうのが人口流出の一因で、若者に仙台で働きたいと思わせ、それが実現できる環境づくりを急いでいる。

16日、仙台市内で開かれた20年卒対象の「マイナビ就職セミナー」には宮城県内に拠点を持つ企業を中心に約60社が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]