/

この記事は会員限定です

元徴用工で「財団案」再浮上 日韓首脳会談へ駆け引き

河野外相、6月中の提示要求

[有料会員限定]

【ソウル=恩地洋介】河野太郎外相は23日の日韓外相会談で、韓国側に元徴用工訴訟への対応策を6月中に提示するよう求めた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪日に合わせた日韓首脳会談の開催を希望する韓国に事実上の条件を突きつけた。韓国では与党議員が元徴用工に現金を支給する財団をつくる構想を提案するなど、大統領の訪日に向けて解決策を探る動きが出ている。

23日にパリで開いた日韓外相会談の後、河野太郎外相は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り929文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン