2019年6月17日(月)

日米貿易の閣僚級協議、25日開催 早期合意へ交渉加速

政治
2019/5/24 19:02
保存
共有
印刷
その他

茂木敏充経済財政・再生相は24日の記者会見で、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と日米の閣僚級による貿易協議を25日午後に都内で開くと発表した。両閣僚による物品貿易協定(TAG)を巡る会談は4月下旬にワシントンで開いて以来だ。早期の合意に向けて交渉を加速する。

茂木氏は「交渉の主要部分を閣僚レベルで議論し、方向付けることが必要だ」と語った。両閣僚は27日の安倍晋三首相とトランプ米大統領の首脳会談に向けて準備を進める。日米は21日にワシントンで事務レベルの協議を開き、自動車と農業の関税交渉の論点を整理した。両閣僚は事務レベル協議を踏まえ、互いの立場を擦り合わせる。

米国は日本に対し、牛肉などの農産品の関税引き下げを求めている。日本は米国に対し、自動車部品にかけている関税の撤廃・削減を求めており、双方の主張には隔たりが大きい。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報