/

この記事は会員限定です

株式報酬導入、上場企業の42%に 「譲渡制限型」急増

[有料会員限定]

企業が役員に株式で報酬を渡す制度を相次ぎ導入している。導入数は2019年に1500社強と前年比で約2割増え、上場企業の42%を占める見通し。特に数年後に売却できる株式を支給するタイプが急増した。昨年の企業統治指針の改訂で報酬の客観性や透明性を求められており、現金に偏っていた報酬体系から株価が上がれば報酬が増える仕組みに変えて株主の理解を高める。

株式報酬の導入企業は22日時点で1514社に達した(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1106文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン