2019年6月17日(月)

6/17 4:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 中国マネー、不動産投資が急減速 米1~3月、7割減[有料会員限定]
  2. 2位: 中国「持久戦」銘柄が上昇 対米摩擦の奥の手透ける[有料会員限定]
  3. 3位: 「あいつらの力を借りよう」(ルポ迫真)[有料会員限定]
  4. 4位: AIで学習ペース配分 学習塾ドゥクエストがアプリ[有料会員限定]
  5. 5位: 投信手数料、一段と低下 個人の長期資産形成に追い風[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,116.89 +84.89
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,030 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

6月14日(金)14:20

川内原発1号機が来年3月停止へ テロ対策施設遅れ[映像あり]

海運企業 タンカー襲撃受け中東の輸送体制見直し

6月14日(金)13:00

[PR]

マネー底流潮流

フォローする

チャイナ・ショック再来懸念 薄れる日本株の割安感
編集委員 田村正之

2019/5/27 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

混乱が続く米中貿易摩擦を背景に、株式相場が不安定さを増している。水面下で不安視されているのは中国企業の業績のさらなる悪化。過去、中国企業と日本企業の業績動向には高い相関があり「PER(株価収益率)で見て日本株は割安」という市場の多数説に疑問も出ている。

「実はまだ中国企業の予想1株利益(EPS)は前年比プラスを維持している。今の経済環境を考えると違和感があり、今後の下方修正の可能性も考えておくべきだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム