2019年6月19日(水)

個人情報保護、米でも20年に新法 企業の準備期間短く
カリフォルニア州 データ事前把握で備え

スタートアップ
ネット・IT
エレクトロニクス
法務・ガバナンス
北米
2019/5/26 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界で個人情報保護の規制が強化され始めた。昨年施行の欧州の一般データ保護規則(GDPR)に続き、2020年1月には米カリフォルニア州が「消費者プライバシー法(CCPA)」を施行する。規定そのものは欧州より緩やかでも改正作業が今秋まで続くとみられ、状況が流動的だ。準備期間は短く、細則の状況次第ではGDPR施行時より影響が大きくなるとの見方がある。(渋谷江里子)

■訴訟リスク増

20年●月×日。日用雑…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報