社外取締役にアナリストお薦め

2019/5/24 17:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

みずほ証券は「元投資家・アナリストの社外取締役としての活用」としたリポートで、適任者が足りないと言われる企業の社外取締役に、現役を退いたプロのファンドマネジャーやアナリストが向くのではないかと指摘した。同業他社との経営比較など業務で培われた分析力が生きるとみている。

企業の統治力を高めるために、機関投資家が投資先の上場企業に社外取締役を増やすように求める動きが相次いでいる。大学教授や弁護士が社外…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]