/

この記事は会員限定です

日本語教育ビジネス勃興、「特定技能」追い風に

[有料会員限定]

日本語教育のビジネスが盛り上がっている。ヒューマンホールディングス(HD)はフィリピン人材最大手と現地に合弁会社を設立して現地人材への日本語教育を強化。駿河台学園(駿台、東京・千代田)も外国人向けの日本語能力試験の展開を始めた。日本語学習者は4月施行の改正出入国管理法による外国人材受け入れ拡大で増加が続く見通しで、各社は広がる需要を取り込む。

法務省によると、18年末時点の在留外国人数は273万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1143文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン