/

日本生命、大阪・交野に物流施設 100億円超を投資

日本生命保険は24日、大阪府交野市に大型物流施設を建設すると発表した。投資額は100億円超で2021年5月の完成を目指す。第二京阪道路の寝屋川北ICと交野南ICの近くに建設。同社の物流施設の開発は松原市と東大阪市に続き、関西で3例目となる。

今回の施設は5階建てで延べ床面積は9万2千平方メートル程度と同社が保有する施設の中では関西で最大規模。日本生命の佐藤和夫執行役員は「オフィスビルよりやや投資利回りの高い物流施設への投資を今後も継続したい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン