/

非正規で働く主婦、正社員希望は2割どまり

マイナビがまとめた主婦を対象にした調査で、非正規社員として働く主婦のうち正社員として働きたい人は2割にとどまることが分かった。企業は人手不足の解消が急務だが、家事や育児・介護との両立をしやすい環境の整備などが課題になる。

調査は3月下旬から4月上旬に今回初めて実施し、現在アルバイトをしている20代~50代の既婚女性を対象にした。有効回答は約2千人。希望する雇用形態を聞いたところ、「雇用形態にこだわりがない」が46%で最も多く、非正規は34.6%、正社員は19.4%にとどまった。

非正規を希望する理由(複数回答)では「家事・育児・介護などとの両立がしやすい」(74.2%)が首位、正社員希望の理由では「固定給」(80.5%)、「賞与」(66.8%)、「福利厚生が充実していることが多い」(59.1%)などの順だった。

アルバイトとして働く理由では、生活費や小遣い、貯金など金銭的な理由が目立った。平均月収は8万円だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン