/

この記事は会員限定です

大豆、漁夫の利狙うブラジルに誤算 中国で豚肉危機

商品部 杉山麻衣子

[有料会員限定]

中国による対米報復関税で米中の貿易量が激減した大豆。米国産の代替需要を取り込もうと対中輸出を増やしてきた最大輸出国のブラジルが逆風に見舞われている。豚肉の最大消費国である中国で家畜伝染病がまん延し、飼料用の穀物需要が減退。ブラジルの大豆輸出は鈍った。米中対立で漁夫の利を得るとみられたブラジルだが、誤算に直面した格好だ。

中国が米国産大豆に25%の追加関税を課したのは2018年7月。年3000万トン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1163文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン