トランプ米大統領25日来日、首都厳戒
車両検問や駅のロッカー封鎖

2019/5/24 9:09 (2019/5/24 12:39更新)
保存
共有
印刷
その他

トランプ米大統領の来日が25日に迫るなか、東京都内でテロなどへの警戒が強まっている。テロを防ぐため主要駅のコインロッカーは封鎖され、警視庁は各地で車両検問も実施。首都は緊張感に包まれている。

トランプ米大統領の来日を控え、皇居周辺を警戒する警察官(24日午前、東京都千代田区)

トランプ米大統領の来日を控え、皇居周辺を警戒する警察官(24日午前、東京都千代田区)

トランプ氏が宿泊するパレスホテル東京(東京・千代田)の入り口前には24日、十数人の警察官が立ち、車や人の出入りを注視していた。警視庁は要人を狙ったテロを警戒し、車両検問や警備犬による不審物の捜索を進めている。

JR東日本は24日正午から東京駅や、大相撲観戦が予定される両国国技館(東京・墨田)最寄りの両国駅のコインロッカーを使えなくした。東京メトロも大手町駅などでロッカーを封鎖しており、28日までのトランプ氏の滞在中は駅構内の巡回警備を強化する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]