2019年6月17日(月)

メイ英首相、24日中に辞任時期表明へ 英報道

英EU離脱
ヨーロッパ
2019/5/24 8:17
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=中島裕介】英BBCは23日夜(日本時間24日朝)、メイ首相が24日中に自らの辞任時期を表明する予定だと報じた。メイ氏は当初6月上旬に辞任時期を表明する予定だったが、新たに打ち出した欧州連合(EU)からの離脱の新方針を受けて与党・保守党内からの辞任圧力が強まっていた。次期首相につながる保守党の後継党首レースは6月10日ごろから始まる見通しだ。

英メディアは一斉に、メイ首相が辞任時期を表明するのは近いと報じている=ロイター

英メディアは一斉に、メイ首相が辞任時期を表明するのは近いと報じている=ロイター

BBCによると、複数のベテラン閣僚が「メイ首相は24日に、政権を退陣する日付を発表する予定だ」と語った。メイ氏は24日に保守党の重鎮らでつくる「1922年委員会」の幹部と会談する。この場で辞任時期や党首選の日程を最終調整するとの見方が有力になっている。

メイ氏は過去に英議会で3回否決された離脱案を手直しして、6月上旬に事実上の4回目の採決にかける意向を示していた。そこで離脱に道筋をつけたうえで、辞任時期を公表する計画だった。だがメイ氏が離脱案に2度目の国民投票実施の可能性を盛り込み、EU離脱を実現したい保守党の議員が猛反発した。

22日には議会運営を担当し、メイ氏の新方針を議員に説明する役割のレッドソム下院院内総務が辞任した。多くの同党議員が公然と即時の辞任を要求する異常事態に陥っており、政権運営は苦しくなっている。

BBCはメイ氏の後継者を選ぶ保守党の党首選は6月10日ごろから、本格的に始まると伝えた。これまでにEUからの決別も辞さない強硬離脱派のジョンソン前外相らが、後継レースに名乗りを上げている。ただ首相交代でEU離脱を巡る議会内の分裂が収まるわけではなく、次期首相も離脱議論のとりまとめに苦慮するのは間違いない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報