/

米司法省、アサンジ被告を追起訴 機密漏洩などで

【ニューヨーク=西邨紘子】米司法省は23日、告発サイト「ウィキリークス」の創始者ジュリアン・アサンジ被告をスパイ活動法違反など17の罪状で追起訴した。国防に関わる機密文書の漏洩や、米軍関係者が米政府の機密情報に不正にアクセスする手助けをしたことなどを起訴の理由に挙げている。

アサンジ氏は4月、英国で身柄を拘束され、米国が引き渡しを求めている。アサンジ被告の機密取得を巡る活動の犯罪認定は言論の自由に反するとの批判もあり、裁判所の判断が注目されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン