/

米著名ヘッジファンド、投資家に資金返還

【ニューヨーク=伴百江】米著名投資家、デビッド・テッパー氏(61)率いる大手ヘッジファンド、アパルーサ・マネジメントは、顧客投資家の運用資産を返還し、自己資産を運用するファミリーオフィスに転換する。複数の米メディアが報じた。同社の運用資産は約130億ドル(約1兆4千億円)だが、その約7割はテッパー氏自身の資産となっており、残りを顧客に返還する計画だ。

テッパー氏は昨年、米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)のカロライナ・パンサーズを北米スポーツ史上最高額となる約22億ドルで買収して話題となった。顧客のヘッジファンド運用を止めて、フットボール・チームの運営に注力するとみられている。

ファンド運用成績は好調で、1993年に設立したアパルーサは年率25%程度のリターンを確保。金融危機時にも経営の悪化した銀行株などに投資してその後の株価回復で巨額の利益を得るなど逆張り投資が奏功していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン