2019年6月18日(火)

関税発動で0.7%成長下押し アリアンツ・マハジャン氏
米経済この先

貿易摩擦
北米
2019/5/24 4:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米中貿易摩擦の先行きが読みづらくなっている。交渉のシナリオと経済、金融市場への影響を運用会社アリアンツ・グローバル・インベスターズの米国投資ストラテジスト、モナ・マハジャン氏に聞いた。

――米中貿易摩擦の行方をどうみますか。

米中双方が歩み寄るのが基本シナリオだ。経済や市場への影響という点だけでなく、2020年の米大統領選への影響も踏まえれば、合意するのが妥当だからだ。だが、この数週間の摩擦で懸念…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報