/

この記事は会員限定です

作家と読者つなぐ書店、座談会200回 二村知子さん

発信

[有料会員限定]

作家や出版関係者らが全国から足を運ぶ書店が大阪の街角にある。創業70年を迎える隆祥館書店(大阪市中央区)だ。店長の二村知子さんは作家と読者をつなぐ座談会を200回以上開いている。出版不況の中、ネット通販や大型書店に負けない魅力を放つ。

約40平方メートルのこぢんまりとした店内に、座談会の写真や手書きの推薦文が至る所に貼られている。客の多くは顔なじみで、店に入ると笑顔であいさつを交わす。

「小さい本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1616文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン