/

この記事は会員限定です

文星芸術大、中国でマンガ人材育成 現地で講義

[有料会員限定]

漫画家のちばてつや氏が学長を務める文星芸術大学(宇都宮市)は中国の大学で漫画制作の指導や研究を始めた。現地での講義・実習を通じ、キャラクターやストーリーの制作から描画ソフトの使い方まで教える。中国でオリジナル作品を生み出せる人材育成を後押しする。国内ではマンガを学ぶ留学生を受け入れる大学はあるが、現地で指導する例は珍しい。

メディア系の私立大学、伝媒大学南広学院(南京市)で4月から講義を始めた。マ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り636文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン