/

JR九州、京都にホテル 21年夏メド

JR九州は、2021年夏をめどに京都市の中心部にホテルを開業する。関西地区でのホテル開発は初めて。同社の最上位ブランド「THE BLOSSOM(ザ ブラッサム)」のホテルとすることを検討しており、京都観光の拠点として富裕な訪日客などを取り込みたい考えだ。

18年6月に京都市下京区、市営地下鉄五条駅近くの土地を購入した。敷地面積は1312平方メートル。地下1階、地上9階で、192室を設ける予定。同社は九州や関東などでホテル開発をしており、青柳俊彦社長は「これまで培った経験や戦略が京都で通用するか、勝負する思いでやる」と話した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン