/

この記事は会員限定です

新潟県内の新設法人率、全国最低 18年に2.5%

[有料会員限定]

東京商工リサーチの調査によると、2018年の都道府県別の新設法人率は新潟県が最下位だった。新設法人数は2年連続で減少し、初めて休廃業・解散数を下回った。花角英世知事は19年度の重点施策の一つに起業・創業の推進を掲げているが、厳しい現状が改めて浮き彫りになった。人口流出や高齢化を背景に、県内経済の活力低下が懸念されている。

新設法人数は前年比0.9%減の993法人だった。株式会社など普通法人(3万9...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り588文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン