2019年6月19日(水)

豪雨仮設近づく期限 朝倉、住民は延長希望も県は慎重

九州・沖縄
社会
2019/5/23 19:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福岡県朝倉市を中心に、関連死を含め40人が犠牲となった2017年7月の九州北部豪雨からまもなく2年。仮設住宅の入居期限は原則2年と定められているが、一部の被災者は生活再建の遅れなどを理由に延長を要望している。これに対し県は延長に慎重な立場だ。有識者からは「被災者のニーズを見極め、必要があれば柔軟な運用で延長すべきだ」との指摘も出ている。

「もう1年延ばしてくれれば安心なのですが」。朝倉市杷木地区…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報