泊原発の断層を自主調査、北電が10月までに結果

2019/5/23 19:40
保存
共有
印刷
その他

北海道電力は23日、泊原子力発電所(北海道泊村)の敷地内を通る断層についての自主的な追加調査の概要を原子力規制委員会に報告した。1号機周辺の地層に対し、ボーリング調査を含む3種の地下調査を7月末までに終わらせる。結果は10月中下旬ごろに規制委に説明する予定だ。

泊原発は安全審査が長引き、1~3号機すべてが停止している(北海道泊村)

ボーリングのほか地表を浅く広く削る開削調査と、地面に振動を与えて地下から反射してくる波を計測する「反射法地震探査」を並行して進める。規制委は2月、泊1号機近くの地下を通る特定の断層について「活断層であることを否定できない」との見解を示した。北海道電は「活断層ではない」との主張を裏付けるため、追加調査によって反論材料を集める。

同日、都内で開いた規制委との臨時意見交換会で説明した。調査位置や数量など詳細な計画は近く開かれる審査会合で明らかにする。北海道電の真弓明彦社長は会合終了後に取材に応じ、「冬に入れば(厳寒の北海道での)現地調査はできなくなる。それまでに結果を出せるように作業を進めたい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]