2019年6月20日(木)

四国の産業、サービスがトップ 「平成」にシェア拡大

サービス・食品
中国・四国
2019/5/24 6:00
保存
共有
印刷
その他

「平成時代」に四国4県ではサービス業が最も成長した。帝国データバンク高松支店によると1989~2018年の30年間にサービス業の産業構成比は9.3ポイント上昇し21.2%となり、7.6ポイント減少して21.0%となった卸売業を抜いた。

このほか小売業、運輸・通信業、不動産業、農林水産業で構成比が拡大し、建設業、製造業、卸売業、鉱業で縮小した。

サービス業のなかでは医療業が大きく拡大した一方、パチンコやゴルフ場を含む娯楽業は、嗜好の多様化や規制強化の影響を受けて構成比が半減した。卸売業のなかでは木材・建築材料卸売が、少子高齢化による住宅需要の減少などを受け構成比が半減した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報