2019年6月27日(木)

政府調達を一元化、自民行革本部が政府に提言

政治
2019/5/23 19:07
保存
共有
印刷
その他

自民党の行政改革推進本部(本部長・塩崎恭久元厚生労働相)は23日、中央省庁の業務の効率化に向けた提言を宮腰光寛行革相に提出した。最新のIT(情報技術)システムを導入し生産性を高めるため、政府調達を一元的に管理する「デジタル政府庁」の創設を提起した。塩崎氏は記者団に「システム調達の透明性を高め、業務のデジタル化を進める」と語った。

現在は内閣官房のIT担当室が各省のシステム調達を管理する。党行革本部は最新システムを積極的には導入していないとみる。小林史明事務局長は「システム調達の効率化には権限の強化が必要だ」と話す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報