/

この記事は会員限定です

原電の経営環境厳しく 東海第2再稼働、調整進まず

[有料会員限定]

日本原子力発電(原電)の経営環境が厳しさを増している。保有する原子力発電所すべてが停止する状態が続くなか、23日に発表した2019年3月期連結決算は2年ぶりの営業減益となった。唯一、再稼働に向けた「合格」を取得済みの東海第2原発(茨城県東海村)は自治体との調整が難航し、他電力による資金支援策がまとまらない。

前期決算は連結営業利益が74億円と18年3月期に比べ20%減った。他電力からの収入減が響...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り926文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません