/

この記事は会員限定です

[社説]コンビニは社会に調和した成長戦略を

[有料会員限定]

コンビニエンスストアがビジネスモデルの転換を迫られている。大手各社は食品の廃棄ロスの削減と加盟店の支援を目的とした実質値引き策を公表し、環境や労働問題に配慮する姿勢を示した。

セブン―イレブン・ジャパンは今秋から、販売期限まで4~5時間に迫った弁当やおにぎり、麺類などを対象に実質的な値引きを始める。同社の電子マネー「nanaco(ナナコ)」のポイントを、購入客に5%ほど還元する方向で検討している。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り741文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン