2019年6月17日(月)

君が代不起立で処分は違法 教諭1人勝訴、大阪高裁

社会
2019/5/23 18:35
保存
共有
印刷
その他

学校行事での君が代斉唱時に起立しなかったことを理由に戒告処分を受けたのは不当だとして、大阪府立高と支援学校の現・元教職員計7人が府に処分取り消しなどを求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁(石井寛明裁判長)は23日、うち男性教諭(60)に対する処分を違法とし取り消した。

判決によると、府は2011年、君が代斉唱時の起立を義務付ける条例を制定。教諭は14年6月、入学式で校長の職務命令に従わなかったとして、府教育委員会に処分された。

石井裁判長は判決理由で、校長が同4月の入学式前、教諭に職務命令書を渡しておらず、処分の前提となる職務命令は出されていないと指摘。「処分は裁量権の逸脱で違法」と判断した。ほか6人の請求は「いずれも理由がない」として退けた。

昨年3月の一審大阪地裁判決は、教員として式典の秩序を確保する義務に反し処分は適法とし、7人全員の請求を棄却していた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報