2019年6月25日(火)

さくらリート、合併案に反論「最善策でない」

2019/5/23 20:30
保存
共有
印刷
その他

上場不動産投資信託(REIT)のさくら総合リート投資法人は23日、スターアジア不動産投資法人の運用会社から受けた合併提案への反論文を公表した。さくらはスターアジアよりも「優れた運用実績を達成している」とし、2つのREITの合併はさくらの投資主(企業の株主に相当)にとって「最善のものではない」とした。

さくらは24日には同様の趣旨の資料を関東財務局に提出し、スターアジア側による総会招集を許可しないよう求める予定だ。

スターアジアは買収目的会社を通じ、さくらの投資口を約3.6%保有する。買収目的会社は10日にさくらに対し、執行役員の入れ替えと運用会社の変更を提案議案とする総会の招集を求めた。スターアジアは回答を得られなかったとして、16日付で財務局に総会開催の許可を申し立てた。

今回の合併提案はさくら側と事前に合意しておらず、日本のREIT市場で初の事例となる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報