2019年6月16日(日)

メルシャン、国内3カ所目のワイナリー 9月開業

サービス・食品
小売り・外食
2019/5/23 18:10
保存
共有
印刷
その他

キリンホールディングス傘下のメルシャンは23日、国内で3カ所目のワイン醸造所(ワイナリー)を9月21日に開業すると発表した。長野県上田市にある自社のブドウ畑に併設する。施設内をガラス張りにして醸造設備を見学できるようにする。試飲やワインの販売スペースも設ける。年間2万~3万人の来場を見込んでいる。

メルシャンは長野県上田市に国内3カ所目のワイナリーを開業すると発表した(写真右が長林社長)

新設するのは「シャトー・メルシャン 椀子(まりこ)ワイナリー」。建物は2階建てで、延べ床面積は約1460平方メートル。1階にワインの醸造設備を置き、2階に試飲用のカウンターなどを備える。

初年度は5千ケース(1本720ミリリットル12本換算)のワインを生産する計画だ。自社畑では赤ワインの原料となる品種「メルロー」「シラー」、白ワインの原料の「ソーヴィニヨン・ブラン」などを栽培しており、現地で収穫したブドウをワインに仕上げる。

同日開いた事業方針説明会で、メルシャンの長林道生社長は「(国内で醸造された)日本ワインの売れ行きはめざましいが、日本のワイン市場の中での構成比は4%強とまだ少ない」と指摘。ワイン市場を活性化するため「切磋琢磨(せっさたくま)しながら業界をリードしていきたい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報