2019年6月20日(木)

富士フイルム、1億画素のミラーレス 6月発売

エレクトロニクス
2019/5/23 17:07
保存
共有
印刷
その他

富士フイルムは23日、1億200万画素のミラーレスカメラを6月下旬に発売すると発表した。「フルサイズ」の1.7倍のセンサーを搭載して画素数を高めつつ、手ぶれ補正性能で三脚なしの手持ちで撮影できるようにした。本体価格はオープンだが税別122万5000円前後の見通し。高画質を前面に押し出し販売拡大を図る。

1億画素を実現した富士フイルムの「GFX100」

発売するのは、「GFX100」。キヤノンニコンが参入し、先行するソニーとの競争が激化するフルサイズより大きなセンサーで、従来機に比べ2倍となる画素数を実現した。画素を大幅に高めた上で、撮影しやすい機能も搭載した。

従来の2倍となる高速AF(オートフォーカス)で、「遅いという認識は過去のものになる」(飯田年久光学・電子映像事業部長)。手ぶれ補正では上下左右のぶれだけでなく、縦・横のぶれなどにも対応した。4K画質で毎秒30フレームの滑らかな映像を記録することもできる。

記者会見した古森重隆会長兼最高経営責任者(CEO)はデジカメ市場が落ち込む理由について「真の革新的な商品がないからだ」と指摘。その上で「革新的な商品を紹介し続ければ、市場を伸ばす可能性はある」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報