2019年7月21日(日)

無風の終盤国会、法案次々に成立 同日選観測が影響

政治
2019/5/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

終盤国会が与野党対立のない無風状態で進み、ビジネスや生活に関連する法案が次々と成立している。提出法案をあらかじめ絞り込んだことに加え、夏の参院選に合わせた衆参同日選の観測が広がったことが背景にある。政府・与党は6月26日の会期末までに残る法案の成立を目指す。

今国会で提出予定だった政府提出法案は全部で58本。そのうち著作権法改正案は政府の調整不足で提出自体を先送りした。ビッグデータを活用した新し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。