/

この記事は会員限定です

三菱重、MRJ関連費が減少 今期6%減の800億円に、開発段階のピーク過ぎ

[有料会員限定]

三菱重工業は開発中の国産航空機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」の関連費用が2020年3月期に約800億円と前期から約50億円(6%)減少する。毎年増え続けていたが、飛行試験を通じて安全性を証明する段階に入ったことで設計コストが減る。MRJ関連費用は21年3月期以降も減少する見通しだ。

三菱重は今期の本業のもうけや特別損益などを合わせた事業利益が前期比18%増の2200億円を見込む。主因は商船や製鉄機械...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り431文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン